【目次】

金属の入れ歯はもう古い!最新の入れ歯とは?

永久歯が抜けてしまうと、それ以上歯が生えてくることはありません。
抜けたままの状態は見た目が悪いばかりか、噛む機能が減少してしまうので治療をすることで審美性と機能性を回復する必要があります。
そこで考えだされたのが、入れ歯です。
すべての歯がない人が使うのが総入れ歯で、何本か抜けてしまった場合に使うのが部分入れ歯です。

入れ歯という言葉にいい印象を持つ人は少ないでしょうが、基本的な構造はプラスチックの樹脂でできており、歯茎の部分にあたるピンク色のところに歯の形をした白い樹脂がついているというものです。
ピンク色の部分は床と呼ばれています。
総入れ歯は樹脂だけで作られていますが、部分入れ歯は残っている歯に固定するための金具がついています。

ただ、プラスチック樹脂というのは決して耐久性があるものではありません。
硬い物を噛むと割れてしまうこともあります。
そこで、樹脂の中に金属を使った入れ歯が登場しました。
金属は耐久性があるので割れにくく、樹脂よりも薄くできるというメリットがあります。
けれども、金属は審美性の面ではマイナスの効果があります。
少し前までは金属の入れ歯は新しい治療でしたが、最近はよりよい素材を使った新しい治療法が開発されました。

最新の入れ歯として注目されているのが、バルプラストとウェルデンツです。
どちらも主に部分入れ歯に使われることが多いのですが、金具がないという特徴があります。
バルプラストは、特殊な樹脂を使っているので指で曲げられるほどのやわらかさがあります。
ピンク色の床の部分もありますが、従来の入れ歯と比較すればその大きさはとても小さく、お口の中にフィットするので違和感がとても少ないです。

ウェルデンツも最新の技術を応用して作られました。
最大の特徴は、床がないことです。
床と歯茎の間に食べ物が挟まってしまうということがなく、とても快適に使うことができます。
歯の部分だけで取り外しができるので、小さな歯のように見えるかもしれません。
床がないことでフィット感を向上させることができました。

ウェルデンツとバルプラストは、新しい入れ歯治療として多くの患者さんに使われその効果を発揮しています。
今までの入れ歯よりも快適に使えるので、自然な噛み心地や見た目もあり人気です。
実際に使ってみるとその違いはすぐに体感できるほどで、1度バルプラストを使用してしまうと、従来の入れ歯に戻ることが難しくなるほどです。

関連ページ