【目次】

歯医者でかかる料金を徹底分析!

人間の三大欲求の1つである「食欲」を満たすには、「歯」の存在は欠かせません。
そのため、歯に痛みや違和感を感じれば、すぐ歯医者に行く人が多いと思います。
また、歯の黄ばみが気になり、ホワイトニングなどの治療を受けたことがある人も最近では多いのではないでしょうか。
東京や大阪など人口の多い街では特に歯医者に頼る人は多いはずです。
ただし、歯医者で受けられる治療は、ものによっては保険対象になりません。
もちろん多くの場合適切な説明のもと治療を受けることになるとは思いますが、思いがけない高額な治療費を請求をされないためにも、歯医者でかかる治療費の相場を知っておくことは重要です。

まず、初めての診療時に必ずかかるのが「初診料」です。
保険控除前の初診料は2,700円です。
その後、同じ患部の治療継続中の診療時にかかるのが「再診料」になります。
保険控除前の再診料は400円と定められています。
ただし、社会保険あるいは国民健康保険に加入している成人の場合3割負担となるため、初診料は702円、再診料は120円が自己負担額になるのが一般的です。

また、歯医者にいく最たる理由である「虫歯」治療にかかる料金は、虫歯の進行度合いによって大きく変わってくるので注意が必要です。
歯の表面のエナメル質が溶かされただけの痛みもまだ感じない初期段階の虫歯の場合、軽く削ってレジンと呼ばれる白い詰め物をするのが一般的な治療です。
この場合保険適用可能なため、3割負担時にかかる料金は1,500~3,000円で済みます。
一方、そこから更に虫歯が進み神経近くまで到達してしまっている場合、虫歯を削ってから保険適用可能な銀の詰め物か、あるいは自費診療の白い詰め物かを選択する必要がでてきます。
料金か見た目か、よく考えて決めましょう。
更に、奥の神経まで虫歯が到達してしている場合、神経を取り除き、そこに土台と被せ物を行うことが必要です。
この場合も、被せ物に使う材質によってかかる料金は大きく変わってきますが、保険が利く治療法を選択しても最低でも1万円は完治までにかかります。
歯の健康、時間・お金の節約のためにも、異常を感じていなくても毎年歯の定期検診を受けるようにしましょう。

また、ホワイトニングは、健康保険の対象になるものとならないものがあるので事前によく相談してから治療を開始するようにしましょう。
保険診療とならない自費診療の歯のクリーニングは「PMTC」と呼ばれ、価格設定は数千円から数万円まで非常に幅広くなっています。
料金だけでなくその内容も踏まえて納得した歯医者を選択することが重要です。

料金や治療内容に納得のいけるところとして、東京都荒川区の歯医者に治療してもらうことが最良の選択肢と言えるでしょう。
荒川区は住宅地が多いので近隣の住民に優しい歯医者が多いのです。
地域に寄り添った治療を受けられるはずなので頼ってみてはいかがでしょうか。

関連ページ