【目次】

歯の丁寧なブラッシングは予防歯科の基本

予防歯科は、歯周病などの疾患の発症を防ぎ口の中の健康を維持するための治療や指導、サポートを行う歯医者さんです。
日本では歯医者さんといえば治療が必要になった時に受診する病院というイメージが長く定着していましたが、最近は予防歯科に通う方が急増しています。
歯周病は口の中に常在する細菌に感染することで起き、あまり自覚症状のないままに歯肉の炎症から歯を支える骨が溶けるに至ってしまう病気です。
歯周病を引き起こす細菌は、増殖するとコロニーを作ってプラークとなり歯の表面に付着します。
時間が経つと唾液の中のカルシウム分などがプラークに沈着して歯石になりますので、プラークや歯石は歯周病の原因細菌の棲み家です。

歯周病を予防するには、毎日のブラッシングでプラークを丁寧に取り除くことが基本になります。
しかし、歯ブラシを使ってどんなに丁寧にブラッシングをしても毎日毎回プラークを100パーセント取り除くのは困難です。
予防歯科では、効率よくできる限りのプラークを取り除くことができるブラッシング方法の指導をしています。
歯の形・歯並びなどは人によって違うので適したブラッシングのやり方も一人ひとり異なり、予防歯科を受診すれば自分に合ったブラッシング方法のマスターが可能です。

また予防歯科では、日々のセルフケアのブラッシングで磨き残したプラークを専門的にクリーニングしています。
この予防歯科の専門的なクリーニングがPMTCです。
PMTCでは、専用のブラシやペースト、超音波やジェット水流などを組み合わせて使いプラークや歯石を取り除きます。
歯の表面のエナメル質は大変硬い組織ですが、酸にはとても弱いのが特徴です。
ミュータンス菌などの原因菌が糖分を使って出す酸で歯の表面が溶けてしまうと、虫歯になります。
フッ素を塗布することで歯の表面のエナメル質が酸に強い構造に作り替えられ、虫歯予防に効果的です。
予防歯科では、PMTCでプラークや歯石をきれいに取り除いた後にフッ素を塗布しています。
フッ素は萌出後あまり時間が経っていない歯でより効果を発揮するので、予防歯科では乳歯期から永久歯への生え変わり期頃まで予防歯科で定期的なフッ素塗布を受けるとより安心です。

歯周病や虫歯を予防するためには、予防歯科での定期健診を続ける必要があります。
予防歯科で定期検診を続けることで、自分のブラッシングの癖や磨き残しのできやすい場所を知ることが可能です。
定期健診を受ける適した間隔は口の中の状態によって変わってくるので、予防歯科ではカウンセリングで受診の間隔を決定しています。

関連ページ