【目次】

インプラント治療を受けるには専門医のいる歯科医院がベスト

インプラントを希望する患者さんが増えるにしたがって、扱う歯科医院も増えています。
インプラントを扱っていれば、そこの歯科医院には専門医がいるのではないかと思う患者さんがほとんどですが、実はそうではありません。
インプラントは歯科医師の資格があれば誰でもできる治療だからです。

検査をする歯の専門医けれども、インプラントというのは高い専門性があります。
ただ知識があればできるという治療ではないので、安全に受けるためにも専門医のいるところを探して受けるようにしましょう。
専門医がどうかは、歯科医院のホームページなどに記載されているだけでなく、インプラント学会のホームページにも専門医の資格を持った歯科医師が掲載されているので参考にしましょう。

専門医になるためには、知識はもちろんですが、手術の経験などが必要になります。
症例発表といって、自分が受け持った患者さんの治療内容を発表する機会もあるため、きちんとした治療を受けることが可能です。
中には、国内だけでなく海外に行って新しい治療法を学んでくる歯科医師もいるほどです。

また、インプラントは骨にチタンを埋め込むという手術が必要になります。
骨を削りすぎてしまっては、血管や神経を傷つけてしまうこともあります。
そのため、豊富な経験が求められますが、CTなどの最新設備があれば事前に骨の状態を三次元的に知ることができるので安全性が高まります。
手術に使う器具の衛生管理もしっかりする必要があるでしょう。
衛生管理について患者さんが知る機会は少ないですが、器具ひとつひとつが滅菌されたパックの中に入っているかどうかで調べることが可能です。

そして、インプラントは手術をして人工歯をつければ終わりという治療ではありません。
自分の歯のように噛むことができても、あくまで人工物なので定期的なメインテナンスが求められます。
定期的に見てもらうことで、悪くなる前の段階で治療に入ることができ、結果的に長持ちさせることができます。

メインテナンスは数か月に1度行われますが、この際には噛み合わせのチェックや骨の状態など自分では知ることのできない検査が受けられます。
毎日磨いているつもりでも、磨き残しがあると、そこから感染を引き起こしてしまうこともあるでしょう。
メインテナンスではプロが専門の道具を使ってクリーニングをするので、お口の中全体を清潔な状態にすることができます。
いい状態を維持するためにも欠かすことはできません。

関連ページ