【目次】

インプラントは歯周病や外傷によって歯を失った場合、機能を補う方法として効果があります。
歯科で人気のある施術で、自分の歯の代わりに人工歯根を顎の骨に埋入し、人工の歯を取り付けることから噛み合わせなどを回復することが可能です。
歯の綺麗な笑顔の女性これまではブリッジなどのように残った歯に力や機能などの分担を行うのが一般的でしたが、技術の発展により固定化することができ従来の自分の歯のような力が回復することができる時代になりました。
見た目も美しく最新医療によって元の健康的な歯に近づけることが可能です。
義歯をきちんと固定することができ、残っている歯を削ったり義歯を安定させる装置を付ける必要もありません。
残りの歯の負担を少なくすることができたり、インプラントのメリットは強く噛むことができたり自信を持って笑うことができるところでしょう。
バランス良く噛むことができ、取り外す面倒もありません。
食物を味わうことができ、歯にかかる負担を減らし長持ちすることが可能です。
最新医療のお陰で歯を削る必要がなく、会話を楽しむことができます。

インプラントのデメリットは?

歯科の治療器具インプラントにはいくつかデメリットがあり全身状態が良くないとうまく埋め込みできなかったり、治療期間が長くなることです。
歯医者によっては治療費が高額になることがあり、インプラントは高い技術により骨と強くつきますが粘膜とは強くつかないので天然歯に比べると感染に弱いでしょう。
インプラントを埋め込みたい場所に骨がきちんとないと治療が難しくなる可能性があり、インプラントが抜けたり壊れたりした際、歯医者での修理が難しいケースもあります。
最近では10年以上持ったというインプラントのデータが多くありますが、まだまだ100%成功するという時代ではありません。
チタンなどでできたかぶせ物などが壊れることもあり、治療が終った後もメンテナンスをしっかりしないと長期間維持することができないでしょう。

自分の歯と違うので違和感を感じたりするため、治療期間が比較的長めに設定されています。
見た目が自身の歯と違うこともあり、食べ物が詰まりやすくなるケースもあります。
他の歯に抜け義歯を入れる際、インプラントにフックをかけるとインプラントに傷などが加わることがあるので義歯のデザインなどに制限が入ることもあるでしょう。
外科処置に伴って痛みや腫れ、出血や合併症などの可能性もあり、お手入れが悪いと感染する人もいます。
治療費が比較的高額になるので、よく検討してから施術することをおすすめします。

インプラントの手術に失敗したらどうなる?

インプラントにはデメリットがいくつかあり、代表的なものに「インプラント周囲炎」や脱落などがあります。
インプラントの周囲にはプラーク(細菌の塊)が蓄積しやすく歯肉炎などを発症させることがあり、これが更に進行すると周囲の骨が骨吸収を引き起こし脱落に繋がることがあります。
常に清潔な状態を維持していると炎症は起こりにくいのですがアバットメントやフィクスチャーの具合が悪かったり歯磨きが悪くて汚れが付着していると、体が弱く感染しやすくなっている状態だと生体防御のバランスなどが崩れ炎症や骨吸収が引き起こし悪化してしまうでしょう。

プラークコントロールを強めることで悪化の進行を遅くすることができますが、最新医療でも進行してしまった炎症や骨吸収を止める治療法はインプラントの除去になります。
無症状なら除去する必要はないですが、何かしら症状があると除去を考える必要があるので日頃からフィクスチャーやアバットメントなどのメンテナンスが重要です。
フィクスチャーはチタンでできているものがあり比較的長持ちしますが、神経を損傷すると麻痺や感覚異常などが合併症として出現します。
血管損傷は大量出血を引き起こすことがあるので注意が必要です。
現在はCTが発達していて立体的に骨の形態を考慮することができるので、血管や神経などの損傷は防止することができるでしょう。
インプラント埋入位置や方向を極端に間違うと、人工歯を入れる際に形態的な問題を引き起こす可能性があります。
この問題はシュミレーションなどできちんと計画することによって避けることが可能です。

上顎奥歯の手術の場合は上顎洞という空洞に接近し骨が十分ある人は問題ありませんが、骨の量が少ないと上顎洞の粘膜を押しその部位に骨移植材であるインプラントを埋入します。
この部位の粘膜は薄くて破れやすく炎症を起こしやすいので、粘膜の損傷から手術を中止したりインプラントの上顎洞内への脱落だったり上顎洞の感染が考えられます。
上顎洞まで感染が達すると耳鼻科の治療を受けることになるので、さまざまなリスクやデメリットを含めて歯科医師ときちんと相談すると良いでしょう。
手術後の腫れはそれほど問題ないですが、細菌感染を起こす場合は抗生剤を追加投与したり場合によっては除去が必要です。
感染などのリスクを減らすため、手術は清潔な環境において慎重に行う必要があるので信頼できる医師を選択することをおすすめします。
設備や環境などを考慮すると、インプラントの治療を受けるなら東京がベストと言えるでしょう。

関連ページ